ページ

2013年11月18日月曜日

略歴など

私の書評サイトの管理人のプロフィールにも書いたことをこちらにも書いておこうと思います。

・略歴
私立進学校を卒業。

 1浪して国立大学に入学。

 大学在学中に統合失調症と診断される。

その後、始めは近くのクリニックや病院に通っていたが、
親の勧めもあり、東大DH(デイホスピタル)に通院することになる。

 東大DHでリハビリが順調に進み、現在、企業の人事部にて働く。

・統合失調症について
統合失調症は約100人に1人が発病する病気です。

 薬を飲むことで、多くの人が改善する病気でもあります。
(改善した結果、私も現在働けています。)

・診断から回復まで
統合失調症と診断された後、始めに行ったクリニックではリスパダールという薬を渡されましたが、これは私と相性が悪く、夜眠れなくなったり、日中動けなくなったりしました。

これが、薬を飲んで1ヶ月ほどつづき、どうにも耐えられなくなり、他の薬に変えてもらいました。

新しく処方された薬はエビリファイです。この薬は私と相性がよかったようで、この薬を飲んでから夜も眠れないことはなくなり、日中も少しずつ動けるようになりました。

その後、別の病院に変わり、1年半ほど地元でリハビリをして大学に復学を試みるもまだ回復途中だったため、3月ほど通ったところでダウンします。

そして、家で数ヶ月すごしたあと、親の勧めもあり東大DHにリハビリのために通うことになりました。

DHではお医者さんやスタッフさんやメンバーに恵まれ、順調に回復していき、現在企業の人事部で働けるまで回復しました。

0 件のコメント: