ページ

2014年2月13日木曜日

人は自分でしか自分を救えない


私は今までの人生で学んだことがあります。

それは、自分自身を自分自身が救わなくてはいけないということです。

そのためには、周りの人に引っ張られてはいけないのです。

かりに、隣の人が不運に陥っても、不幸な出来事に出会っても、

よしんば、病気であっても、同情したりすることはいいことかもしれませんが、

けっして、その人と一緒に不運を嘆いたり、不幸を恨んだり、

病気をのろったりしてはいけないということです。

そうしたら、一人の不幸が二人に移ってしまいます。

これは悲劇を通り越して滑稽です。

だから、誰がどんな状態になっても、自分の心は明るい方向に保たなくてはなりません。

そうかといって、人のことを考えないというのでもありません。

人のことは考えても、同情しても同調はしないということです。

本質的に人は自らでしか自らのことを救えないのです。

そのことを心に納めておこうと思います。

ただ、病気を治せるヒントがこれから書けたらなと思います。

0 件のコメント: