ページ

2014年7月23日水曜日

罪にはダルマをもって対抗する

紘子さんのブログ、精神障害の子供達との日々

を読んで、紘子さんが自分を責めているようなので、

私も自分の罪にどう向き合っているか書きますね。


私は今は明るく楽しく過ごしているし、過ごそうと心がけていますが、

私は過去にはまあ大変なことをしでかしたことがあります。


大変なこと過ぎてここには書けません。



いわゆる罪をおかしました。

人を傷つけました。


許されないとは思っています。


どうすればその人に罪滅ぼしが出来るかと考えもしますが、

未だに有効な方法が思い浮かびません。


なので、そこは考えても分らないということなので、

私は考え方を変えました。


ここからの話は少し難しいのですが、

悪い因縁はカルマといいます。

それに対して、良い因縁はダルマといいます。


カルマは悪いことをすると発生し、悪いことをつれてきます。

一方、ダルマは良いことをすると発生し、良いことをつれてきます。


私の罪は明らかにカルマです。

で、カルマからはカルマしか生まれません。


なので、ダルマを増やすしかないなと思っています。

つまり、良い因縁をたくさん増やそうと考えています。


私がこのブログを書いているのも、

人助けをしたいと思いやっているのも、すべてはダルマを増やすためです。

そうすれば、カルマは消えなくとも、百分の一でも軽くはなるのではないかと思っています。


なので、ダルマを増やす方法をいろいろ勉強してきました。

それにはまず自分を救い、人を救うことです。


簡単に言うと、自分も周りの人も明るく楽しく生きられるようにするということです。

そうすることが良い因縁を生み出します。

明るく楽しい場所は発する気が違います。

そうすれば、カルマからくる悪い出来事も寄り付かなくなるのではないかと思っています。

だから、私は出来るだけ毎日明るく楽しく生きることが義務であり権利であり、

それがみんなのため自分のためになるんだと信じています。


そうすることで、最終的にカルマが少しでも軽くなれば、もしくは、

カルマを帳消しにするくらいダルマを積んで、

幸せな人生を歩み、みんなを幸せにしたいと願っています。


紘子さんが娘さんに対してしたことよりも

私がした罪のほうがよっぽどひどいですよ。


そんな私でも今は明るく楽しく過ごしているのですから、

紘子さんも絶対明るく楽しく過ごしてください。


罪そのものを見つめていても、何も始まりません。

ダルマを積むことが罪を軽くする方法ではないでしょうか?

0 件のコメント: