ページ

2017年1月19日木曜日

私の使命更新

以前の記事を読んでいたら私は自分の人生に明確な使命を掲げていたことを思い出しました。
そうしてそこで使命に掲げていたことはほぼ実践していることが分かりました。また、以前よりも自分自身の知識と思考と概念の幅が広がっていることを感じるため、より多く知るものにはより大きな責任が伴うという観点から、ここでもう一度私の使命を更新します。

私の使命:

1.一つ上を目指し今目の前にある仕事を精一杯行うこと。また仕事がない時には神の意識へと少しでも近づくために瞑想と学習をすること。

2.私は力の結晶であることを知りその力を世のため人のため神のために生かすこと。

3.そうすることで私のかつての病気であった統合失調症を今患っている方が勇気と希望を持つ手助けをすること。

4.多くの統合失調症は霊障であることを明らかにし、患者さんが自らについている悪霊を光のもとへ送り返す手助けをすることにより、最終的に病気を完全治癒させ、患者さん自身の人生に薬と通院(入院)からの解放という自由をもたらすこと。

5.多くの統合失調症の克服には悪霊を苦しみから解放し光の元へ送るだけでなく、自らの肉体の浄化、心の浄化、魂の浄化が必要であることを示すこと。

6.統合失調症の治療とは患者さんの肉体、精神、魂を苦しみから救うと同時に、苦しんでいる霊を光のもとへ送ることが解決の基本方針であることを示すこと。

7.統合失調症というのは霊的な力や感性が発達したものがかかることの多い病気であり、彼らは決して障害者などではなく、悪霊を自らの魂の浄化と神やグルの力により善霊・良き霊・光の霊に転化・感化することができるという才能、苦しむ霊を直接的に救うことができるという才能を持った霊的な素質を豊富に持った人間であるということを示すこと。

8.霊の苦しみを救うには霊的な勉強が必要であるため、統合失調症を克服したものは霊的な観点からこの世界を見ることができ、人類に個別の具体的な問題についてより俯瞰的な視点を与えることができるということを世に知らしめること。

9.今から2000年後を目標としてすべての人類という兄弟たちがカルマを解消し苦しみを浄化し自由を獲得することにより地上に天国を建設すること。

10.以上の使命を時間をかけてじっくりと焦らずにゆっくりと確実に実現していくこと。

11.これらの使命を実現するために今ほんの少しの一つ上を目指して自分を変えられることを探し、そのほんの少しの向上に向けて全身全霊をかけること。


0 件のコメント: